長井製本所
  • ホーム
  • 納品までの流れ
  • よくある質問
  • 製本加工の種類
  • 設備
  • 会社概要

伝票の背割れがほぼ発生しないクロステープの取扱を始めました

これまで伝票の背に貼る一般的なクロステープは、印刷の多面付けによりお互いが近接することが多く、製本における仕上断裁時にお互いを分離させるために断裁刃を入れた瞬間に背のテープが割れるという現象に悩まされてきましたが、この度その背割れ防止に効果のあるテープの検証が終わり、動画も合わせて掲載することになりました。
通常のテープなら、厚さ1cmの伝票ならお互いを1cm離しても背割れ部分が完成品にかかる可能性が高かったですが、今回取り扱うテープでは、お互いが接していても(一度裁ちでも)若干のシワは発生しますがテープが割れるということはほぼ無い事が確認できました。これにより、印刷の面付けに自由度が増すことになり、背割れの無い伝票を納品することが可能となります。
伝票類」にてご確認ください。