長井製本所
  • ホーム
  • 納品までの流れ
  • よくある質問
  • 製本加工の種類
  • 設備
  • 会社概要

2015年 5月

よくある質問」 に 「Q.持込原稿の状態について 」 を追記しました。
初めての方には実際の入稿写真で見ていただくのが分かりやすいと思い掲載いたします。
参考にしていただければ幸いです。
御自分で印刷されて届けられる方はこういった感じにしていただければ作業がスムーズに進みますのでお願いいたします。
印刷会社様経由で届けられる場合は、出荷形態の指示まではできないと思いますが、受け取る側としては新しい会社からだとある意味勉強になる点が多々あり楽しみもあったりします。

 

従来弊社は製本専門店としてお客様よりお預かりした紙原稿に製本加工を施すという体制をメインに行っておりましたが、今回地元印刷会社様のご協力を得て、モノクロ印刷において大手ネット印刷にも引けを取らない格安な金額をご提示できる運びとなりました。
昨今のフルカラー印刷全盛の現在、実現された印刷レベルの高度化には目を見張るものがありますが、必然的に印刷設備の高騰にも目を見張るものがあります・・。結果としてコストの底上げがなされることは不可避となります。
ことモノクロ印刷に関しては、白黒濃淡の精緻さを要求される印刷物もありますが、むしろその場合はフルカラー印刷を選択するケースが多くなってきたかと思われます(カラー印刷がかなり安くなってきた)。
そんな中、文字主体の印刷物で精密さよりもコスト削減を優先させたいお客様には、必ずしも高価な最新印刷機によらなければ、まだまだここまでコストダウンは図れることをご提示したく思います。
詳しくは「中綴じ・平綴じ等」の「2.印刷から製本まで全ての場合」をご覧下さい(税込・送料込の総額です)。